"CSS - patent disclosures"の翻訳

原文
"CSS - patent disclosures" (http://www.w3.org/Style/CSS/Disclosures.html)
原著作権者
W3C
翻訳者
久保渓
注意
公式版はW3Cに掲載されている英語版であり、日本語版はあくまでW3Cから権威付けられた参考文書にすぎません。この文書には、翻訳上の誤りがあり得ます。翻訳者は翻訳の正確性を保証しません。あくまでご自身の責任でご利用ください。
その他
このサイトに置かれているその他の翻訳物の一覧は、トップページをご覧ください。

カスケーディングスタイルシート
特許の公表

(このページはCSSスタイルシートを使用しています。)

イントロ

公表の仕方

会員からの主張

その他の主張

イントロダクション

2006年9月以降に作成された特許開示 については、別のページをごらんください。

以下の声明文は、2006年9月より以前にW3Cに送られたCSS仕様に関する 特許開示およびライセンス情報です。これは、 W3C 現在の特許実務で推薦されています。

W3Cは、技術の使用や実装に付随するいかなる知的財産権もしくは他の権利 の主張の正当性、そしてそれらの権利下につけるいかなるライセンスの利用に に関するポジションを取りません。ワーキンググループの提出物の著作権 は、W3Cに授与されます。

W3C会員からの主張

これらの主張は、他の特許に関してW3C 主張されているものです。

その他の"見つかった"主張

これらの主張は、他の人によって見つかったもので、サービスとして 提供されています。今回も、W3Cはそれらが適用されるのかどうかについて いかなる声明も行いません。

特許書類の開示方法

W3Cの現在の特許実務 (2002年1月)とW3Cプロセスドキュメント (2001年7月)に続いて、W3C会員は CSSワーキンググループアーカイブされた 特許メーリングリスト <patent-issues@w3.org> (どちらも会員限定)にメール を送ることによって、CSSに関連した特許とIPR書類を開示するべきです。 会員は、すべてのIPR書類をこのメーリングリストに開示しなければなりませんが、 他の受取手にコピーされることもあるでしょう。


CSS Valid
CSS!Valid HTML 4.0!

Bert Bos, W3Cスタイルシートアクティビティリーダー
ウェブマスター
更新最終日: 2009/08/31 13:56:37 $ GMT